自担当の仕事を減らす(やらない)ために

・担当にならないこと
・担当から降りること
・担当を分担すること

根底にあるのは自責と他責を明確にすること。他責についてこちらが考える必要はない。